読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Suzuki Yuya Blog

Simple is the best

ブログにも選択と集中が必要

ブログ

選択と集中」というのはゼネラル・エレクトリック社(GE)の元CEO、ジャック・ウェルチ氏が行った経営戦略の1つである。これは有名な話であるが、その当時にジャックのコンサティングをしていたのがドラッカーだ。

 

一応、知らない人のために説明すると、限りある経営資源を最もリターンが高いところに集中して注ぎ込む、簡単に説明するとこういった経営戦略だ。

 

ドラッカーが言ってるように、選択と集中は有効的かつ陳腐化しない経営戦略の1つで、経営戦略という括りに限らず生活という場面でも「選択と集中」は有効な知のフレームワークとなっている。ただ、実際にこの「選択と集中」をビジネスで行おうとすると中々難しい。

 

と、いった具合に説明を終わらせて、早速本題に移るとしよう。ここで長々と書いてしまうといつ本題に行けるかわからなくなってしまう。

 

今回はこの「選択と集中」をブログ運営に当てはめて、どれぐらい有効化を書いていこう。

ブロガーにおける経営資源

 企業において経営資源と呼ばれるものは「ヒト・モノ・カネ・時間」の4つ。これをブロガーに当てはめてみると下記のようになるだろう。

 

ヒト = 本人

モノ = 道具

カネ = 金

時間 = 時間

 

ヒトは外注を利用したり、他者と共同で運営を行わない限り、基本1人なので説明を省き、今回は1人という前提で話を進めていく。

 

モノ、これは自身がブログを書くにあたって使うPC・スマホはもちろんのこと、記事のテーマによっては何かを買ってきたりしなければいけない。例えば、釣りのブログであれば釣り竿も用意しなければいけないし、餌やルアー、効率を求めるならばソナー等の機械、などなど色々ある。これはテーマによって要る場合とそうでない場合があるので、本記事では触れない。

 

次に金だが、これも人によって経済状況がマチマチなので本記事では簡単にしか触れない。例えば、旅行というジャンルの記事を書きたければたくさんの金がかかってくる。そこで「選択と集中」を行うのであれば、全国をまばらに行くよりも、ある地域にだけターゲットを絞るなどか。

 

最後にブロガーにとって1番大事な資源は「時間」だ。この「時間」という資源を上手に扱うことは、素晴らしいブログライフを送るために必須の条件である。

 

時間を何に集中させるか

1番重要な資源が時間というのはわかった。が、それを何に集中させればいいのだろうか?

 

正解は記事だ。ブログにおいて1番重要な部分というのは記事であり、とにかく記事を書かなければブログは始まらない。SNSもデザインも他のブログに積極的にコメントするのも意味はあるが、それよりも記事に時間を多く割かなければいけない。

 

もし、複数のブログを運営を検討しているのであればオススメしない。何故ならブログの個数が多ければ多いほど、記事を書く以外の作業も個数に比例して2倍3倍となっていくからだ。それならばブログは1つに絞り、そこにポストする記事により多くの時間をかける。その方が効率も良いし、運営する身としては楽なはずだ。

 

これはもう1歩踏み込んだ「選択と集中」だが、ブログが1つしかなく、記事に時間を1番多く割いてるブロガーは、Google Analyticsなどで自身のブログ内で人気のページを調べてみると良い。書き始めであれば記事のテーマはバラバラだろうが、ある程度書いていれば人気な記事のテーマやジャンルが一緒だったりと、記事同士に何かしらの共通点があるはずだ。

 

そのテーマ・または方向性がそのブロガーにとって、適正があるという事だから、今度はそのテーマ・方向性を中心に記事の制作を行うのがいいだろう。人には得意不得意が必ずある。全てにおいて良い記事を書けるブロガーがいないように、あなたにとって得意な記事と不得意な記事が必ずあるはずだ。それらを分析して得意な記事に集中すれば、今よりも結果(アクセス、ソーシャルので反応、収益)も良くなる。

 

行き詰まった時こそ選択と集中

人は同じことをずっとやっていると、いつか成長が鈍化する時が来る。それは仕方の無いことで、むしろチャンスだと思うことが重要だ。

 

そのチャンスが来たときにきそ、今までのやり方を見直して、この「選択と集中」を試してみてほしい。何もしないのと、何か工夫してみるのではまったく違う。きっと今までよりも良い結果が得られるはずだ。

 

ブログに限って言えば、もし間違った方向に向かったとしても、それは決して無駄にはならない。それはそれで1つの良い経験になるはずだ。